いわゆる”無茶強制音感”のみなさんですが、考えフェチ、ひいては声優様にマニアになったのも中学時がはじめてでした。

何博士?といった問われれば「動画博士」といった即答し、発表や戯画、お笑いのナレーションを聞けば一発でどの声優様がスタッフされているか分かる、いわゆる”困難必要音感”の自分ですが、動画博士、ひいては声優様に没入になったのも中学世の中が初めてでした。
元から戯画は見分ける皆様だったのですが、当初は殊に動画は気にせず脚本を重視する皆様でした。但しとある日光、某動画ページで「○○性質に歌わせてみた」といった、目下思えば中頃のクライアント縁故の動画に出会ったのでした。好きな性質が歌ってる!!といった感激したあたいは、他にもないかという関連動画を漁り作ることになります。そうして「声優様ってエラいなあ…」って声優様に夢中になる状況となったのでした。
そうして、原野ひろしなどの動画をスタッフされている藤原啓治様に出会ったときの衝撃は目下だに忘れません。世の中にこれ程素敵な動画があるのか、という、自分の憧れど綿密の動画だったわけです。今は疾患静養中頃という事ですが、毎日も速い復職を熱望しております。おすすめはこちら!