中学の時に、アニメうちになりいとしていたので、アニメを描くことに夢中になっていました。

中学の時に、マンガマンションになりいとしていたので、マンガを描くことに夢中になっていました。
その中でも一際、身の回りって共同でマンガを描くことに夢中になりました。夢中になっていたマンガの描きユーザーは、数人の身の回りが集まって、一冊のメモ用紙を用意し、そのメモ用紙に一人ずつマンガを描いて、順番にリレー方法で対話を進めていきます。
最初にヒロインの性別や歳やヘアースタイリングなどを大雑把に設定します。筆者が変わるって、絵柄もずいぶんと入れ替わるので、なるたけわかりやすい特技を作ります。これが「ヒロインです」というのが分かるようにするためです。3~5サイトほど書いた対話の途中で、次の者にバトンパスするので、講話成長がスゴイコースをめぐってしまったり、新たな主役が次々と出てきます。
2者くらいでやると、とてもまともな講話ですが、4者くらいでマンガリレーをすると、正にコーナーが読めない成長になります。自分が書いて次の者に回し、また自分の順番に達する頃には、「タイムスリップもしちゃったのか?」というほど対話が飛んでしまう。それもまた長所の一つでした。知らず知らずのうちに、リレーメモ用紙が6冊、7冊にもなる超大作が出来上がりました。http://www.respire-leclip.com/